CG業界のフリーランス事情

CGデザイナーの仕事内容を具体的に紹介します

目指せ!フリーランスのCGデザイナー

最新記事

仕事内容を知ろう

仕事内容を知ろう

そもそもCGデザイナーの仕事とは

CGデザイナーとして活躍したい、将来はフリーランスとして活動したい人は「どのようにCGを作るのか」の基本について知っておいてほしいと思います。CGとはコンピューターグラフィックの略称で、CGデザイナーはPC(コンピューター)を使ってグラフィックを作成するのが基本的な仕事内容です。専用のCG作成ソフトなどを使用しながら2Dあるいは3DのCGを制作していきます。

CG作成の具体的な流れ

例えば映画のキャラクターのCGの作成を担当するCGデザイナーの作業の流れを見ていきましょう。まずはキャラクターのデッサン画を元にしながら「モデリング」という作業を行います。これは物体の形状データをCP上に再現することを言います。そしてその骨組みのような形状データに質感を持った平面を張り付けていくと見た目にも立体感を持ったキャラクターが現れます。その後は光がどこからさしているかなどを計算して陰影を出したりしながらリアルに仕上げていきます。
普通これらの一連の作業は違う役割のCGデザイナーが分担して行います。二次元のグラフィック担当、3Dのモデリングを担当するデザイナーはかかる時間も技術も違うので作業が分担されるのです。この後動作などを担当するCGデザイナーの手にかかり、キャラクターに動きが加わり、キャラクターに命が宿ります。

とにかく求められる作業は多種多様

ひとつのキャラクターのCG作成にも2D担当3D担当、動作の担当者などたくさんのCGデザイナーの手が加わって作り上げられています。一本の映画にはたくさんのキャラクターが登場しますし、乗り物や建物なども3Dデザイナーの手によって作り上げられています。建物の爆発シーンなどで吹き上げる炎などの特殊演出専門のCGデザイナーも必要ですし、これまでにない表現をしたい監督の要望に応えるためにはCG作成ソフト自体の開発にもCGデザイナーは携わることもあります。
映画以外でも求められる仕事は多くなっています。例えば建築家が顧客に設計図のプレゼンをするときに、これまでは模型が中心でしたが、CGで作成することにより、より設計図の再現力が増し顧客に訴える力も増すと評判です。今後も平面の設計図やデッサンからCGを作成してほしいという要望は各方面から増していくでしょう。

家でも仕事ができる

一方で仕事の内容にもよりますが、CGデザイナーの仕事はハイスペックなPCとCG作成に必要なソフトがあれば自宅でも仕事をすることが可能です。フリーランスで活躍したい人に有利な仕事だと言えるでしょうし、在宅で仕事をする必要のある育児中の女性などにも十分にこなせる仕事でもあります。CGデザイナーの需要が高まり、仕事内容も多種多様になっていくと、CGデザイナーの働き方も多種多様になっていくかもしれません。

CG業界の魅力を知る

ハリウッドに進出するには?

ハリウッドでCGデザイナーとして活躍することは高額報酬を稼ぐための王道の方法のひとつだと思います。日本でフリーランスのCGデザイナーとして活躍されている人は、すでに十分なスキルを身につけているかもしれません。ハリウッドで仕事をするためにはそれ以外にも英会話を習得したり就労ビザを取得する必要があります。そして真剣にハリウッド進出を目指す人にとって「ハリウッドVFX業界就職の手引き」は非常に参考になる指南書になるのではないでしょうか。 続きを読む

ハリウッドに進出するには?
高額報酬を獲得するには?

高額報酬を稼ぐために、フリーランスのCGデザイナーは人脈を生かして仕事を得たり、マッチングサイトに登録をしたり、「レバテックフリーランス」や「CGWORLD.JP」などのエージェントや専門サイトを利用するなど様々な「高額報酬の入口」を作っておく必要があります。まずはこれらの入口から業界に食い込んで仕事のきっかけをつかみ、その後自分と自分の仕事の信頼性を高めていくことでクライアントから高額報酬を引き出すことを目指しましょう。 続きを読む

高額報酬を獲得するには?
引く手あまたでチャンス大

CGデザイナー業界は人手不足です。これからCGデザイナーを目指す人にとっても、フリーランスのCGデザイナーとして活躍しようとする人にとっても大きなチャンスが広がっています。業務の幅も広がり仕事の種類も増えていますので、しっかりスキルを身につければ仕事はめぐってくるでしょう。CGデザイナーという仕事を楽しんでできれば、おのずと活躍の場は広がっていきます。自分の作品が世の中の多くの人に影響を与えることに喜びを感じる事でしょう。 続きを読む

引く手あまたでチャンス大