CG業界のフリーランス事情

CGデザイナーとしてハリウッドに進出するには?

目指せ!フリーランスのCGデザイナー

最新記事

ハリウッドに進出するには?

ハリウッドに進出するには?

ハリウッドで働いて高額報酬を稼ぐ

CGデザイナーとして働くことを目指すきっかけになったのがピクサーの映画だという人も多いのではないでしょうか。ハリウッドでは日本では実現が難しい大作CG作品が作られています。いつかはハリウッドで腕を振るってみたいという思いを持つことはCGデザイナーを目指している人やCGデザイナーとしてフリーランスで活躍している人なら当然だと思います。ハリウッドで活躍するCGデザイナーなら高額報酬を稼ぐことも夢ではありません。それでは日本人がハリウッドで働くためには具体的にどうすればいいのでしょうか。

ハリウッドを目指す3つのステップ

1つ目として、まずはしっかりとしたCGデザインに関するスキルを身につけることが大切です。ハリウッドには世界中から仕事を求めて高いスキルを持ったCGデザイナーたちが集まってきます。その中で埋もれてしまわないようなスキルを日本できちんと身につけておきましょう。そして質の高いポートフォリオを作りハリウッドの会社に売り込めるように準備をしましょう。
2つ目にすることは英語力をつけることです。ハリウッドで仕事をするためには最低でも英語で日常会話くらいはできるようになっていないと困ります。英会話の勉強の仕方はたくさんありますが、英会話教室に通ったり英会話の教材を買って勉強をしたり、日本在住の英語をしゃべる外国人の友達を作ったりするといいでしょう。英会話の上達のコツは恥ずかしがらずにアウトプットすることが大切だといいます。日常会話に必要な単語を覚えたら文法などにこだわらずとにかくしゃべり続けていれば日常会話はなんとかなるといいますので、コミュニケーションをとりたいという熱意も重要になると思います。
3つ目のステップが就労ビザを取るということです。アメリカでビザをとるのはかなり大変なことです。海外で働くための指南書などを読み込んで研究することが大切になります。

「ハリウッドVFX業界就職の手引き」で学ぶ

ハリウッドで働くための指南書として役に立つと評価の高い本が「ハリウッドVFX業界就職の手引き 」です。実際にハリウッドのVFXスタジオで働いている著者が、経験して初めてわかったハリウッドで働くために大切な知識や必要な情報をまとめた貴重な本です。就労ビザの基礎や英会話の習得法、ハリウッドで働くためにどうキャリアを磨きあげるかなど、実際に働いた人でなければわからないような情報が網羅されています。ハリウッドへの就職活動の方法や渡航が決まったら必要な事にも言及されています。履歴書の書き方や面接の対策まで紹介されていますので非常に実践的です。真剣にハリウッドで働くことを目指すCGデザイナーには欠かせない一冊になるでしょう。

ハリウッドを目指すならこの一冊「ハリウッドVFX業界就職の手引き」の熟読を。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00H0KE0A4/

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00H0KE0A4/

CG業界の魅力を知る

ハリウッドに進出するには?

ハリウッドでCGデザイナーとして活躍することは高額報酬を稼ぐための王道の方法のひとつだと思います。日本でフリーランスのCGデザイナーとして活躍されている人は、すでに十分なスキルを身につけているかもしれません。ハリウッドで仕事をするためにはそれ以外にも英会話を習得したり就労ビザを取得する必要があります。そして真剣にハリウッド進出を目指す人にとって「ハリウッドVFX業界就職の手引き」は非常に参考になる指南書になるのではないでしょうか。 続きを読む

ハリウッドに進出するには?
高額報酬を獲得するには?

高額報酬を稼ぐために、フリーランスのCGデザイナーは人脈を生かして仕事を得たり、マッチングサイトに登録をしたり、「レバテックフリーランス」や「CGWORLD.JP」などのエージェントや専門サイトを利用するなど様々な「高額報酬の入口」を作っておく必要があります。まずはこれらの入口から業界に食い込んで仕事のきっかけをつかみ、その後自分と自分の仕事の信頼性を高めていくことでクライアントから高額報酬を引き出すことを目指しましょう。 続きを読む

高額報酬を獲得するには?
引く手あまたでチャンス大

CGデザイナー業界は人手不足です。これからCGデザイナーを目指す人にとっても、フリーランスのCGデザイナーとして活躍しようとする人にとっても大きなチャンスが広がっています。業務の幅も広がり仕事の種類も増えていますので、しっかりスキルを身につければ仕事はめぐってくるでしょう。CGデザイナーという仕事を楽しんでできれば、おのずと活躍の場は広がっていきます。自分の作品が世の中の多くの人に影響を与えることに喜びを感じる事でしょう。 続きを読む

引く手あまたでチャンス大